« 「白玉っ子」の湯上がり白玉 | トップページ | 「旅館 壱の井」の夕ごはん2日め »

2008.03.24

温泉以外は本当になにもない

熊本秘湯の旅」 その7
---

温泉以外は本当になにもない

黒川温泉では建物の色合いなど外観を統一していて、
全体的にとても落ち着いた雰囲気。
温泉街の入り口にあるガソリンスタンドもジュースの自動販売機もガードレールもこげ茶色。
確か栃木の那須高原も似たような取り組みをしていたなぁ。

温泉街の真ん中には川が流れていて、
その音が一番大きな音なんじゃないかと思うくらい静か。
幹線道路も少し離れていることから、
交通量も少なく、普通の道路をてくてく歩いてお散歩できる。


温泉以外は本当になにもない

温泉街からちょっと離れると、ただ山と農地だけが広がる世界。

とにかく、ひたすらのんびりできる。
なにもないゼイタクというのがどういうものなのか、なんとなく分かる気がする。


温泉以外は本当になにもない

なぜかそれぞれの建物の入り口とかには、
ポップコーンのもとみたいな乾燥トウモロコシがあちこちにぶらさがっていた。
これも共通の演出?それとも魔除け?

---

黒川温泉ギフト

※ 実際に黒川温泉の旅館で使っているものと同じです。環境にやさしいらしいです。

|

« 「白玉っ子」の湯上がり白玉 | トップページ | 「旅館 壱の井」の夕ごはん2日め »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31815/40667280

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉以外は本当になにもない:

« 「白玉っ子」の湯上がり白玉 | トップページ | 「旅館 壱の井」の夕ごはん2日め »